Rule応募/ルール

応募資格 

日本の大学に在籍する学部生3~4名のチーム、または日本の高専に在籍する4・5年生3~4名のチーム

(大学・高専間混成チームは不可)

応募方法

申し込み・プラン提出締め切り日時 2019年11月6日(水)23:59 (必着)

各チーム申し込み・プラン提出締め切り日時までに「15枚以内のスライド」と「プラン概要(ワード形式で日本語 200~400字程度 )」をメールに添付し、marketingcontestjp@gmail.com まで提出すること。メールには、①チーム名 ②プレゼンテーションのタイトル ③大学名 ④チーム代表者氏名 ⑤チーム代表者のEmailアドレス ⑥チームメンバー氏名 を必ず記載すること。

申込多数の場合は、応募書類(スライド、プラン概要)を基に審査員による事前審査を行った上で予選出場者を決定する。なお、大会当日のスライド変更は可能。

※エントリー時のスライドとプラン概要によって予選出場者を審査する場合もあるため、単に視聴効果を狙ったスライドよりも、プランの内容が伝わり易いスライドが好ましい。

発表ルール

  • 参加形式:「3人または4人のグループ」での参加とする。プレゼンテーションソフトを使用し、全員が発話・発表すること。
  • 使用言語:英語(質疑応答も英語で行う)
  • 時間制限:地区大会予選では10分、決勝大会では15分とする。時間の不足、経過があった場合には減点となる。なお、質疑応答は5分間行われる。
  • 使用機器:委員会が用意するPCを利用すること。予選・決勝大会当日は各自USBを必ず持参すること。なお、会場ではインターネット環境を提供しないことから、インターネット接続が必要な動画などは事前にダウンロードし、USBに保存して持参してください。
  • 服装:フォーマルな服装
  • リハーサル:当日の進行予定に関しては、後日審査通過者に対して送信する。

企画予算設定

1.現在Kobe INKは年間3万個の売上(実績値)

2.同製品売上は、ナガサワの5000円以上の万年筆、ボールペン、シャープペンなど高級筆記具商品売上の約6分の1を占める(本大会が設定した仮定値)

3.マーケティングプランの予算目安は、各チームのプラン内容によって次の2通りの設定の仕方が考えられる。

  a. プラン実施によって見込まれる「Kobe INK」の売上増加額の約20%(上限)をプラン予算とする。

  b. プラン実施によって見込まれる「Kobe INKを含む高級筆記具商品全体」の売上増加額の約10%(上限)をプラン予算とする考え方

(注意)

1.いずれの場合も「売上増加額」を向こう1年間分と見るか、2年間分と見るかは、各チームにお任せします。ただし、向こう2年間分と見て大きめの予算を組んだ場合、資金繰りの関係で最初の1年ですべての予算を使い切ることはできません。

2.プラン予算に関する上記ルールは、実態からかけ離れた実現可能性・採算を度外視したプランを防ぐための目安として設定されるものです。特に緻密な数値による妥当性をプレゼンの中で要求されているわけではありません。

審査基準

審査基準は主に以下の要素を考慮し、審査員による審査を行うこととする。

・課題テーマに沿った論理的で実行可能な提案・アイデアが盛り込まれているか

・審査員の質問に対して、一貫性のある応答ができているか

・独特で実現性の高い提案を聴衆に視覚的にアピールしているか

・わかりやすい英語で発表できているか      他

なお、事前に学内外の教員や専門家等から指導を受けることを認める。