About MCJMCJについて

Marketing Competition Japan (MCJ)とは?

Marketing Competition Japan (MCJ)「全国大学生マーケティング・コンテスト」とは、神戸市外国語大学の学生と教職員から成る運営委員会が企画・実施する全国大学生プレゼンテーション大会です。2011年の創設以来、今年で8回目を数えます。毎年スポンサー企業や自治体等から発表テーマをいただき、そのテーマに対する具体的なマーケティング・プランを英語プレゼンテーションによって競い合うことにより、分析力、創造力、企画力、英語コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などの向上を目指します。また、このような教育的効果に加えて、学生がビジネス環境の中長期的変化を分析のスコープに入れ、実社会の課題解決に実践的に取り組むことによって、地域社会への貢献を目指します。

MCJ 2019 運営委員会

運営委員会代表 山口治彦(神戸市外国語大学副学長・英米学科教授)

アドバイザリーボード

チェアパーソン 山口治彦(神戸市外国語大学副学長・英米学科教授)
アドバイザー 野村和宏(英米学科教授)
アドバイザー 中嶋圭介(法経商コース准教授)

実行委員会

委員長 太田彩佳

副委員長/スポンサー・審査員担当 杉本菜奈

PR統括 砂川浩之

会計担当 松本悠花

対内PR担当 吉田早絵

対外PR担当 大草ありす 樽本七海

Web担当 諸戸佳那

ポスター担当 中川里奈

サポーター 八木奈々子

事務局(神戸市外国語大学国際交流センター)

大野利彦(外国学研究所グループ長)

辻井泉子(国際交流センター係長)

上田享史(上級顧問)

ガルエ ホルヘ(職員)

特別スポンサー

MCJは、2011年の大会創設当初より、神戸市外国語大学卒業生の荻野正明氏の篤志によるご寄付を財源として運営されています。

荻野正明(おぎのまさあき)氏
1965年 神戸市外国語大学ロシア学科卒業、現フェニックスグループホールディングス会長。フェニックスグループは、1971年に香港において創業、以来国際的なファッションブランドの「アンテプリマ」など、20社以上からなる国際企業グループです。