全チームの意気込みを紹介します

決勝大会当日まで残り3日となりました!各チームの意気込みを紹介します。

 

1.Team London(文京学院大学)

私達は、大学生の投資に対するマイナスな印象をプラスに変えるべく、複数の短編ドラマ(大学生が主演)を制作し、スマホ経由で自ら投資を実行しました。当日に今までの成果を発表できる事を楽しみにしております。

 

2.Team Frantz(法政大学)

初めまして、法政大学より参りましたTEAM FRANTZです!!ついに決戦の地、神戸へ参上。優勝して神戸FRANTZのプリンをたくさん食べたいです!ついでにみんなの大好きなパンダにも会いに行きます!宜しくお願いします。

 

3.Apple(法政大学)

こんにちは。私たちのチーム名はAppleです。私たちは同ゼミ内出場チームの中で唯一の3年生だけのチームになります。全員マーケティングコンテストには初めての参加ですが、優勝を目指して頑張りたいと思います。

 

4.The Tentatives(法政大学)

今までの努力の成果を発揮し、自分たちだから考えられるプランの提案・プレゼンをしたいと思います。目指すは優勝!

 

5.Team GHS(慶應義塾大学)

我たちTeam GHSは、優勝を目指して活動を行ってきました。全く馴染みのないテーマに辟易しながらもプラン案の捻出まで漕ぎ着けたことを自信に、悔いのない発表をする所存です。よろしくお願いします!

 

6.From Tottori(公立鳥取環境大学)

私たちは私たちならではの視点から今回の問題に取り組みました。そして、コンテスト後にすぐに取り組めるという実行可能性のあるものを提案します。顧客が明確にTDFを理解できるプロセスを一生懸命伝えます!

 

7.Team NMS(関西大学)

投資という馴染みのないものが課題で最初は戸惑いましたが、私たちなりに精一杯勉強し、自分たちの等身大で考えたマーケティングプランを考えました。世の中の課題を複合的に解決できる提案になっていると思います!

 

8.MATSURI(関西大学)

投資という馴染みないもののマーケティングプランを立てるという事で悪戦苦闘しましたが、私たちなりに小躍りができるほどいいものが出来上がりました!大会当日では、チーム祭の力を見せつけます!わっしょい!!

 

9.SEIJITSU(神戸市外国語大学)

私たちSEIJITSUは、若者の視点から、今回斬新でユニークなアイデアを出すため、それぞれが夏から全力で取り組んできました。チームワークはどこのチームにも負けません。精一杯頑張る私たちを見に来てください。

 

10.GENEREVO(神戸市外国語大学)

日々の練習も外大予選も3人みんなで笑って乗り越えてきました。TDFの魅力に惹きつけられた若者代表として、15分間に愛を込めて、あなたにお伝えします。皆さんが大切な人を思い出すきっかけとなれば幸いです。

 

12月16日(日)、全10チームの本気のプレゼンをぜひ見に来てください!!